青空の下で女の子とお母さんが一緒にシャボン玉を飛ばしている写真

当ヴァイオリン教室で大切にしている3つの方針についてご案内します。

  1. 「表現する喜び」に触れて、音楽を楽しんでほしい
  2. 「生徒一人一人の今」に寄り添う
  3. 「誰かと共に一つの音楽を作る楽しさ」をたくさん経験してほしい

①「表現する喜び」に触れて、音楽を楽しんでほしい

音楽は芸術です。
ヴァイオリンを演奏することにより、表現者として芸術に触れることは、心を豊かにする、とても大きな喜びです。

その喜びを知ってもらうことが、ヴァイオリンを好きになってもらうこと。
ですから、レッスンは「演奏を通して芸術に触れることの喜び」を伝えるためのものであることが、大切だと思っています。

レッスンで見据えているのは、最終的に音楽で自己表現ができるようになることです。
そのためには演奏技術が必要ですが、技術ありきではなく、「この曲が弾きたいからもっと上手になりたい!」という気持ちを引き出すことが、先生の役割だと思っています。

あの手この手で音楽の素晴らしさをプレゼンしますが、曲の魅力に敵うものはなかなかありません。
魅力的な曲選び、曲の魅力が直に伝わるよう、生徒の前でたくさん演奏して見せるよう心がけてレッスンしています。

また、

『ここの指の使い方、前に習ったあの曲と同じだね』
『このリズム、幼稚園で習った歌と同じリズムだよ』

と、小さなことでも、自分で見つけたことを話してくれるとき、子供たちは目がキラキラしています。
それは能動的に音楽に関われている、音楽に心を開いて表現しようとする第一歩を踏み出しているからです。

このような、音楽の楽しさに気持ちが動いている瞬間は、見落とさず大切にしたいと思っています。

②「生徒一人一人の今」に寄り添う

レッスンでは、基準を個々の生徒に置くことも大切だと思っています。
決まった基準に当てはめるのではなく、生徒一人一人の今に寄り添うよう気をつけています。

まだ幼い生徒がギシギシガリガリ演奏していても、「今は思いのままに弾けることを楽しんでいるな」と感じたら、無理に型にはめて綺麗な音を出しなさいとは言いません。

楽しんで演奏できていれば、「あ、こうすると綺麗な音が出るな、もっと先生みたいな音色で弾きたいな」と気づく時がやってきます。
そうやって自分で次のステップを見つけられたら、そこからはぐんぐん音楽との距離を近づけていけると思います。

それぞれの個性やペースを汲んでレッスンを進めることもヴァイオリンを楽しく続けてもらうための大切な要素だと思っています。

③「誰かと共に一つの音楽を作る楽しさ」をたくさん経験してほしい

当教室では、合奏も大切にしています。

自分一人ではなく、誰かと共に一つの音楽を作るということがとても楽しいことだからです。
1+1が2ではない、10ぐらいになることもあります。

ヴァイオリンは旋律楽器と言って、基本的には1度にひとつの音しか出せない楽器です。
フルートやトランペットなども同じです。

対してピアノはたくさんの音を同時に出すことができるので、メロディーを演奏しつつ自分で伴奏も弾くことができます。
音楽を丸ごと一つの楽器で表現できてしまうところが、ピアノのすばらしいところです。

ヴァイオリンにはそれができません。
でも何人も集まって一緒に演奏することができます。

呼吸を合わせ、アイコンタクトをとり、気持ちを合わせて音楽を奏でる。
せっかくヴァイオリンを学ぶなら、ぜひこの楽しい体験をたくさん知って欲しいと思います。

また、高校の弦楽部、大学のオーケストラサークル、アマチュアオーケストラなど、合奏の楽しさを知っていればさらに楽しみが広がります。

最後に、少し切り口が違いますが、合奏では演奏中、言葉によるコミュニケーションはできません。
代わりに共演相手の微妙な体の動きや呼吸、目線や表情を読み取って合わせていきます。

『もう少し早いテンポで弾きたいのかな?』
『次のパートは自分が音楽を引っ張りたいから合わせてついてきて欲しいな』

などを息の吸い方で伝えたり、眉毛の動かし方で読み取ったりするわけです。
言葉なしで人と気持ちを通わせるスキルは、音楽以外でもきっと人生を豊かにしてくれると思っています。